アフィリエイトの情報の最近のブログ記事

ホームページ 作り方で考えたいのはSEOの検索結果でクリックされる作成方法です。興味深いのは、検索結果では必ずしもトップからクリックされるわけではない・・ということです。

SEOに強い戦略的テンプレート【賢威】解説ホームページ

インターネットでは、検索結果画面のリスト上位ほど、クリックされる割合が高いのは事実ですが、その傾向もやや薄れてきたという印象があります。

検索することそのものが珍しかった初期のころは、とにかくリストのトップであることへの信頼度が、今よりずっと高かったように思います。ホームページ作成の際にもそれを意識したはずです。

とりあえずトップから見ていくという態度が、ユーザーの行動としては支配的だったのです。ホームページ 作り方にも反映されました。

しかし、今日のように検索することに慣れてきたユーザーは、リストのトップであることが、必ずしも自分の要求を最も反映しているというわけではないことを、経験的にわかってきています。

とくにビッグワードよりスモールワードで検索しようとするユーザーは、検索画面のリストのタイトルと説明文をじっくりと読み込んで、自分にとって最適と思われる広告から順にクリックして見ていくようになってきているように思います。

ホームページ作成の際には、SEOを意識してタイトルや説明文を決めましょう。

 

 

ホームページ作成ソフトを使ってデザインをする場合、ブラウザウインドウのメニューやバーなどの存在に注意しなければなりません。

人気のブログ・ホームページ作成ソフト・ツールでは、タイトルバーやメニューバー、ツールバー、アドレスバー、ステータスバー、スクロールバーなどさまざまなものがあります。

これらのバーやメニューはユーザーの意志で表示と非表示を選択できますし、ホームページ作成ソフトで標準の設定では表示されます。そのため、それらのバーやメニューのスペースを計算に入れて、サイズを決定しなければなりません。

販売用ホームページ作成方法は役に立ちますので覚えておくと良いでしょう。

 

 

ブログ作成ではテーマカラーを選びます

ブログ作成では、ブログのビジョンに沿ったテーマカラーを選びます。企業系ならコーポレートカラーを使ったり、和がテーマならそれに合った色にしたり、スッキリとテキストを読ませたい場合は白っぽいカラーを採用したりするなど、ビジョンに合ったテーマカラーを決定します。

【397時間動画パソコン教室】解説ホームページ

ブログやホームページのWebサイトを制作するには、サイトのビジョンに沿った「テーマカラー」を決める必要があります。

テーマカラーには、商品のイメージカラーや企業のコーポレイトカラー(イメージカラー)、ターゲットユーザに合わせたカラー、自然を感じさせるアースカラーなどいろいろ考えられます。

テーマカラーが決まったら、それを活かすカラーを検討します。このときテーマカラーと補色関係にあるカラーにするのがコツです。「補色」とは、選択カラーの対局部分にあるカラーです。

テーマカラーを含め、サイトでメインに使用するカラーの色数は2~3色にとどめ、それらの色の明度や彩度を変更する程度にします。明度とは明るさのことで、彩度とは色の鮮やかさの度合いのことです。

 

 

「どうすれば質の高い訪問者が集まるの?」 
ホームページやブログのテーマと商品を合わせ、そのテーマでずば抜けることにより、その商品の見込み客を集めることができます。

「テーマに沿った情報を充実させればいい?」
テーマに沿った情報の充実で、あるていど成果に貢献してくれる可能性を持つ客が集められます。ただ情報が充実すればするほど儲かるかといえば、そうではありません。

商品と合ったテーマに惹かれる客の中には、情報だけが目的の客もたくさん含まれます。そこから先はSEO検索エンジン対策と、訪問者の関心を分析したうえで、買ってもらえる商品選びの問題になります。

訪問者の数より質・・とはいっても、訪問者数が一日数人ではさすがに話になりません。質が重要とはいえ、数も必要です。

「質の高いホームページを作れば、自然に人が集まるんじゃないの?」
存在を知らないホームページ・ブログの質がどうやってわかるでしょう? 存在を知ってもらわなければ、話が始まりません。

戸田丈勝の本質のビジネスSEO術【検索エンジン上位表示方法】

「どこからホームページ・ブログに来るのかな?」
知らないホームページに初めて訪れるきっかけは圧倒的に検索エンジンです。しかも検索エンジンからは質の高い訪問者が来ます。SEOは重要です。

たとえば「花束 プレゼント」というキーワードで検索して来た人は、プレゼント用の花束を買いたいと思っています。なかでもロボット型検索エンジンはできたてのホームページ・ブログにも訪問者を連れてくる、ありかたい存在です。

 

 

アフィリエイト記事のネタに困ったら、転載可能な記事を提供するサイトと契約すれば良いです。


海外ニュースを中心に毎日1500本以上の写真付きニュースを配信しているAFPBBNewsの記事は、AFPBB Newsとの提携ブログの会員であれば、無料で自分のブログに転載することができます。

提供される写真ニュースは、電子透かし技術などにより、著作権が保護された状態で提供されるため、著作権について気にすることなく使うことができます。

AFPBB Newsと提携しているブログには、シーサー、スポーツナビ、ジュゲム、ジャストシステムブログ、フルーツブログ、フォロミー、ヤフー、ヤプログ、ライブドアブログ、アメーバ、アルコムワールド、OCN、イオブログ、ウェブリ、ソネットブログなどがあります。

ワードプレスやMTのユーザーでも会員になれば良いです。

 

 

ネットで販売している全商品が対象のもののうち、デパートやスーパー、カタログ通販専門でさまざまな商品を取り扱っているものはショッピングモール型と呼ばれます。

【下克上】アフィリエイト教材GEKOKUJO解説ホームページ

ショッピングモール型の場合、自分のブログやホームページで紹介した商品が売れなくても、その広告リンクからECサイトにジャンプして、他の商品を購入しても報酬になるというメリットがあります。

個別商品やサービスに絞って広告を出している場合は、その広告の商品やサービス申し込みなどがあった場合のみ、アフィリエイターの収入につながります。個別の商品やサービスの場合の方が、ショッピングモール型よりも、報酬単価が高い場合が多いのが特徴です。

ショッピングモール型と単独商品、サービス型のECサイトのいずれともアフィリエイターは提携して広告を貼ることができます。

 

 

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31