チワワの飼い方で気を付けたいこと

チワワの飼い方で気を付けたいことは、低血糖症です。

最初のうちは行ったり来たりしたり、目的もなくさまよい歩いたりします。

尿や糞をもらし、四肢を船をこぐようにばたばたと激しく動かしますが、やがて昏睡状況になります。
チワワ犬は弱って錯乱状況になり、名前を呼んであっても反応しない事もあります。

チワワの飼い方では、栄養分のバランスのとれたドライフードをしっかり食べさせましょう。
発作が起こっているあいだ、チワワは横向きに寝そべり、あごを小刻みに動かします。その間、大量の唾液が流れ出ます。
低血糖症(血糖値が急に低下している)の徴候を特徴とします。

足腰が弱くなる徴候はまず後肢から現れ、前肢にもだんだん進行してきます。そして最後には立っていられなくなります。
適切な処置をほどこしても、脳損傷が起こる事もあります。

このころにはまだ犬は意識を保っていますが、暇がたつうちに昏睡状況(意識を喪失し、反応しなくなる状況)に陥ります。
低血糖の別の症状としては、突然起こる発作や痙挙があります。

犬のしつけ吠えることはしっかり教えましょう。
チワワの噛み癖や甘噛みのしつけ方を解説しています。

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31