犬のしつけ・破壊的行動に出る犬

飼い主が留守のあいだに破壊的行動に出る犬は、分離不安症と一般に呼ばれている症状に苦しんでいるのです。

これは犬が社会的な動物であり、群れの仲間といっしょにいる必要があるという性質に由来しています。

この困った行動にはいくつかのパターンがあります。そのひとつにバリアー・フラストレーションと呼ばれるものがあり、犬は部屋から出ようとしてドアや窓枠を爪でひっかきます。

北方の品種、たとえばハスキーやマラミュートは閉じ込められるのが大嫌いで、このような破壊行動をもっとも頻繁に起こします。

こうした行動の動機は何なのか、走り回りたいからなのか、群れを探したいからなのか、自由になりたいからなのかは、行動専門家にもわかっていません。

犬のしつけがQ&Aで分かる!

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31