株での運用比率が低い保険は「安定型」そうではないものは「積極運用型」

通常、株式投資信託は、株式の組み入れ比率の上限によって安定型(株式組み入れの上限が50%)、安定成長型(同70%)、成長型(100%)の3つに分類され、後者になればなるほど収益は不安定になります。

これは後者になるほど、キャピタルゲインに依存する部分が大きい株式の組み入れ比率を高くしているということです。

あるいは外資系の生命保険会社などでは、変額保険に2つのタイプを持つところがあります。

これも基本的には株式での運用比率を変え、株での運用比率が低い保険を「安定型」、そうではないものを「積極運用型」として位置付けているわけです。

株式投資信託には必ず「目論見書」が作成されています。

目論見書は株式投資信託の説明書であり、運用の方針・特色、どのような金融商品で運用するのか、運用期間、換金の方法、手数料などの情報が詳しく掲載されています。

投資信託を購入前する前にはこの目論見書をよく読んでおくことが大切です。

目論見書は投資信託会社が発行するもので、証券会社や銀行の販売窓口でもらうことができます。

また、その投資信託の運用成績は運用報告書で公表されています。運用報告書には運用の内容や運用状況のほかに分配金などについての報告も記載されています。

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31