FX為替相場と物価と金利の間には1つの共通項がある

FX為替相場と物価と金利の間には1つの共通項があります。それはいずれも通貨価値を測るためのメジャー(モノサシ)であるということです。

たとえば物価とは、物あるいはサービス(財)との交換物として測られた通貨の価値を示すもの。そしてFX為替相場とは、他の通貨との交換物としての通貨価値を表現するもの。そして金利とは、時間の経過とともに通貨価値がどのように変化していくか、という点に着目したメジャーにほかなりません。

通貨価値の目減り、目増えを考えるときは、現金として目の前にある通貨の価値がどのように変化するか、という視点に立てばいいはずです。

1%の金利のときには、預金されたお金の増え方に比べて運用されなかった現金の相対的な価値は、10%程度目減りしたに過ぎません。


2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31