バストをアップさせるのはわけないです

バストは体のほかのどの部分よりも自由に動かせます。

やわらかくて圧縮できます。もちあげ、締めつけ、前に押しだし、つめものでふくらませ、補正できます。ウェストをぎゅっと締めるのはたいへんで、そのせいで気分が悪くなったり死んだりした女性もいたほどです。

それにくらべれば、バストをアップさせるのはわけないです。乳房崇拝は服を着たサルという人間のステータスとともに受け継がれていくのです。十四世紀、襟ぐりがぐんと大きく開いただけでなく、コルセットがバストを押しあげました。

理想のバストとは、たいていは手を加えられた乳房です。肩を出し、バストを尻のように見せるデコルタージュは、人の手になる工夫です。

裸のバストは頬と頬をくっつけてダンスしたりはしないです。左右があっちとこっちを向いてしまいます。バストは大きさも形もあきれるほどさまざまでありながら、見事に同じ姿勢をとります。私たちは人間で、あらゆることに首を突っこみたがるから、バストにもさっと飛びついたのです。

丸いものを追いかけ、球形のものに惹きつけられるという目の性質を利用し、バストをふくらませてもてはやしてきたのです。

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31